脂肪細胞を減少させるのでリバウンドの心配がない

余計な脂肪を取り除く

ダイエットの悩みではリバウンドがあげられますが、その理由のひとつは食事や運動でダイエットを行っても脂肪細胞の数を減らすことができないということもあげられます。それゆえ、リバウンドを防ぐためには脂肪細胞を減らすことも大事ですが、その方法としては美容外科で行われている脂肪吸引が有名です。これはピンポイントで気になる部位の脂肪を減少できる方法で、リバウンドを防ぐことができ、理想のメリハリのあるスタイルが作れることがメリットです。さらに穏やかな方法では脂肪溶解注射もあげられ、こちらはメスを使う必要はありません。
脂肪吸引は一度の施術で高い効果を期待できますが、体への負担は決して少なくありませんし、圧迫などのアフターケアも必要です。
そこで注目されているのがより穏やかに脂肪細胞を減らすことができるキャビテーションです。

超音波を使い脂肪細胞を破壊

キャビテーションでは特別な機器を使い、気になる部位に当てることで、脂肪細胞を破壊し、体外に排出しやすくしてくれます。
超音波が使われており脂肪細胞膜を破壊して血液やリンパを通じて体外に脂肪を排出させることができ、メスを使わずに痩身ができます。
施術の痛みもなく、薬剤も使わないので体への負担も少なく、エステサロンでも採用されています。代謝が良くないと脂肪がうまく排出されませんので、水分をしっかり摂ることも大事ですし、マッサージなどの施術も合わせて行うとよりしっかりと体外に排出されやすくなります。
脂肪吸引のように施術後の圧迫なども必要なく、すぐに普通の生活に戻れるのもメリットです。
効果は少しずつ現れますので、ダイエットに成功したような自然な痩身を得たいという人にもおすすめです。

© Copyright Fat Dissolution. All Rights Reserved.